完治のために末期がん治療を知る~タイトル
完治のために末期がん治療を知る~タイトル

末期癌治療はまず西洋医学を理解する事が大切

末期癌克服への架け橋区切り線

 

ある日突然「末期癌」が我が家にやって来た・・・ 

  
末期がん克服への懸け橋イメージ

末期癌治療を詳しく知る大切さ

私の父は4年前に定年退職をしていたとは言え、それからもちゃんと健康診断は受けていましたし、若い時から胃腸が弱いことを自覚していたので胃カメラは毎年飲んでいました。勿論、それらの検査で異常は見つかっていない事もあり、周りではチラホラと癌になった人の話を聞いてはいましたが、我が家にだけは癌なんてまだまだやって来ないという、根拠のない自信が我が家にはありました。平和な家族の時間が永遠に続くような錯覚の中で、私たち家族は穏やかに過ごしていました。
 
しかしある日突然、我が家に「癌」がやって来てしまいました。しかも「末期」です・・・。
 
私の父は喉の異常を早くから感じていたにも関わらず、のど飴をなめながら「大したことない」との素人判断で半年以上放置。末期癌症状の痛みや腫れが出始めてから病院へ駆け込んだ時には勿論すでに手遅れの状態で、中咽頭部および舌部は共にステージ4の末期癌。リンパ節への転移も複数あるとの判断で余命3か月。まさに身体の状態は非常に危機的な最悪な状況に陥っていました。当然、大学病院へ即日入院でした。
 
父の場合、抗癌剤をすぐさま開始して全身転移を食い止め、手術で咽頭部と舌を拡大切除し、さらに念のために放射線治療をするという、西洋医学の標準治療のすべてを駆使して行うとの説明が病院からありました。
 
主治医は慣れた様子で淡々と説明されたのでキレイに治す自信があるように我が家は受け取っていましたが、色々と話を聞いてみると「上手く行けば手術出来ますが、全身転移している事が分かった時点で手術や放射線治療は中止し延命治療に切り替えます」「手術で咽頭部を拡大切除すると声帯を失うので、今後二度と話すことは出来ません」「西洋医学の治療メニューすべてが上手く行っても5年生存率は非常に低い」と言われ、どちらにしてもキレイに治すことは最初から無理だと主治医は判断していると分かり、正直とてもガッカリしたのを今でも覚えています。
 
西洋医学は近代医療の最先端であり、大概の病はキレイに治せるものだと信じて疑っていなかっただけに、父の治療において西洋医学の限界を感じたことは相当ショックでした。
 
西洋医学に限界があるのはどうしようもない現実ですが、家族としては手術で父の「声」と「舌」を失うことを避けたい、大きな後遺症が残ることを何とか回避したい、という強い思いが当然ありました。「病院の癌治療だけに頼ると手術は避けられない」という現実が、私たち家族を大きく動かしました。
 
そして私は書籍などを中心に色々と調べて勉強し「舌と声を失いたくなければ、西洋医学の治療だけに頼っていてはダメだ」「病院の癌治療と並行しながら独自に出来る事を取り入れる必要がある」と考え、我が家は独自に一つひとつ出来る事を加えて実践することを決めました。勿論、すべてダメ元です。
 
父の癌細胞を叩くのに何が必要なのか、それは医学素人の我が家には最初よく分かりませんでした。
 
しかし幸いにも当時私の親友が米国UCLA(カリフォルニア州立大学)医学部へ留学していたので、癌治療の基本を分かり易く教えてもらったり、アメリカでの最新癌治療の情報を教えてもらったりしました。そして、癌関係の書籍をとにかく読みまくって短期間で勉強をしました。
 
そのお陰で西洋医学の限界と問題点を知る事が出来たり、父が健康体へ戻るために何が足りないのかや何と何を組み合わせるべきなのかとかをある程度判断できるようになりました。
 
また、突然癌と宣告されて普通はがん専門用語や医療用語、検査機器の名前や血液検査項目などもよく分からないものですが、いろいろと勉強していたお陰で主治医や看護師から言われる事が理解できるようになり、癌治療を適切に判断しながら進められるようになりました。
 
そういう経験から、当時私が色々と調べたり勉強した内容で役立った西洋医学に関する正しい情報をこのサイトに纏めました。当時よりもいろいろと進んでいる内容もありますので、そういう部分は適宜最新情報へ更新してあります。
 
私の父は結果的に西洋医学の抗癌剤治療を受けながら、私が父に必要だと思うものを組み合わせて病院治療を進めて、入院から僅か4ヶ月後には舌がんも中咽頭癌もキレイに消滅し、手術の必要なく半年の入院だけで退院しました。5年生存率が限りなくゼロに近いと言われていながら、5年経過も再発や転移など全くなく完治をしています。
 
私の父や私たち家族の経験が皆さんの闘病のお役に立つかどうかは分かりませんが、末期癌だった父が短期間に克服出来た実体験をもとに、希望や勇気、そして末期癌克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期癌と闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願うばかりです。
 
別サイトにまとめた父の闘病記や、父と同じように免疫力強化で悪性リンパ腫再発を完治させた同級生の闘病記も是非読んで頂いて、一人でも多くの癌患者さんが正しい治療の道がどれなのかを発見され、必要な癌治療を組み合わせて完治改善されて、無事に生還される事を切に願っています。
 
まずこのサイトでは、基本となる西洋医学による治療法の情報を中心に、一般的にどのような検査をされ、診断され、癌の標準治療(西洋医学三大療法)はどのように進められるのか、入院中に主治医や看護師とはどのように関わるべきなのか、患者さんの心のケアはどうすべきなのかなどを具体的に記してあります。病院治療というものがどういうものなのかをまずはしっかりと知ってみて下さい。
 
一日でも早いご快復を心からお祈り致しております・・・
  
 
末期癌克服への架け橋区切り線
 

 

 
西洋医学だけを頼る事を止めれば末期がんでも完治する
西洋医学は素晴らしい医学ですが、しかし西洋医学でだけでは手に負えない病もあるのが現実ですので、病の種類によって様々な治療法を組み合わせる必要があると思います。その一つが「ガン治療」です。
 

本来、健康な人でも毎日発生する何千という癌細胞を免疫細胞が破壊し、ガン細胞に支配されないよう身体の仕組みは出来ています。なのに、どうしてガンになったのかを身体全体として見て考えないと問題解決は出来ないと思います。つまりガン治療は身体全体を見て治療を行う必要があると私は思います。ガンは間違いなく生活習慣病であり、身体全体の生命力や自然治癒力などの低下から起きる病です。西洋医学的な考え方で「肺がんの部分が悪いから肺を切除して完了」と単純にはいかないので、高い技術がある現代でも人間は癌を完全には治せないでいます。

 
このように末期ガン治療においては、抗がん剤や放射線治療、手術療法などの西洋医学だけによるアプローチには残念ながら限界や問題があると思います。ガンは確かにピンポイントでどこかの臓器に出来るものが多いですが、ピンポイントで手術や放射線治療をする西洋医学的なアプローチではガンを完全に根治させるのは非常に難しいのが現実で、それは国立がんセンターなどの治癒成績データ(再発状況など)を見ても明らかだと思います。
 
また、抗がん剤治療は逆に身体全体に影響を与える治療ですが、正常細胞にまで大きなダメージを与えてしまうため、生命に関わるほどの副作用があったり後遺症が残る場合も多々あります。
 
手術ミスにより命を落としたり癌細胞が散らばったりなど他の問題を誘発したり、強い抗がん剤や放射線は強烈な副作用で苦しみ、延命のつもりが余計に体をぼろぼろにしてしまって寿命を縮めてしまう事があるのは良く知られている事です。

 

今回私の父のケースでも、手術でガン細胞がミスなく予定通りキレイに切除出来たとしても「声と舌を失う大きな後遺症が残ります」と主治医から説明がありました。さらに主治医は「この状況で声と舌を失うのはやむを得ないですよ。命が助かるならそれぐらいは我慢してもらわないと・・・」と言っていましたが、さすがに家族としては「命が助かるなら何でもいい」とは絶対に思えないです。
 
 
 
末期がん克服には「癌細胞が棲み難い身体づくり」が必須
私は色々と調べていく中で西洋医学の限界や現実を知り、西洋医学以外にも目を向けて調べる必要性を感じました。そんな中「アメリカの政府や医学界では早くも90年代から西洋医学によるガン治療の限界を認識しつつあり、ガン治療の方針を大きく変え代替医療へ積極的に予算を投入し研究を進めている」「日本の医療の考え方は欧米と比べ30年遅れている」という事を知り、アメリカでの代替医療についても情報を得る努力を行いました。代替医療・統合医療にもいろいろな種類がありますが、その中でも「免疫力を高める事」はどんなガン治療を行うにしても必要であり避けて通れないことだと知りました。幸いにも私はアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA医学部留学中の親友から、大学の授業で習ったばかりだという「免疫力を高める事の重要性」について詳しく教えてもらう事ができ、私の父の末期ガン治療においては西洋医学と並行しながら最大限「免疫力を高める事」に重点を置く方針に決めました。
 
そしてアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA内で末期ガン治療の代替医療として研究や臨床試験がされていた免疫賦活物質の使用による免疫療法をメインとして、父は徹底的に免疫力の強化を行うことに決めました。その他、生活改善、食事改善、体力維持向上、ストレスコントロールなど、父に必要だと思ったものは可能な限り取り入れました。父の身体に「ガン細胞に対する攻撃力」と「癌細胞と病院でのガン治療に耐える防御力」を復活させて「ガン細胞が棲み難い身体を取り戻す」、それが私たち家族の重要なキーワードでした。
 
取り組み始めた頃は、免疫細胞の研究もまだまだ始まったばかりでしたし、これらの方向性が本当に正しいのかどうかは分からないままでした。しかし、とにかく正しい道だと信じて頑張り続けるしかありませんでした。
 
その結果は免疫力強化をはじめとする「ガン細胞が棲み難い身体づくり」は正しい道だったようで、入院からわずか4カ月で父は余命3か月だった末期ガンを完全に消滅させる大きな成果を得る事が出来ました。
 
これら西洋医学以外に関して集めた様々な情報や免疫力を高めることの重要性、最先端医療を含む代替療法・免疫療法に関する情報もこのサイトへ可能な限り記してありますので、ご参考になればと思います。
 

現代医療(西洋医学による治療)の現実や限界、問題点を分かり易くこのサイトへ具体的に記しておきますので、西洋医学・病院でのガン治療だけに頼ることのリスクをしっかりと知り、その上で西洋医学、東洋医学、免疫療法などの代替療法、その他民間療法等に至るまでも組み合わせて、それぞれの末期ガン患者さんに合った適切な正しい治療法を見つけて頂ければと思います。

 
そして例え、製薬会社の治験のためや病院ビジネスのために主治医から代替療法を反対されようとも、あとで後悔しない納得できる治療を行うことが患者さん本人にとってもご家族にとっても何よりも大切だと思います。
 

誰のための命で、誰のための治療なのかを考える・・・。

 
どんな治療法であろうと、患者さんが良い方向へ向かえばそれで良いのです。
 
日本の医療もアメリカや欧州のように本当の意味での患者主体の体制や考え方に変わり、医師自身が治療効果はほとんど見込めないと分かっている抗がん剤を無理矢理病院ビジネスのために仕方なく使い続けるなどという医療はもう止めて、もっと末期ガン患者のためになる本物の治療が日本のどこの病院でも受けられるようになればと願うばかりです・・・
 
末期ガンを免疫力強化で完治させた私の父の闘病記をはじめとして、私の同級生の悪性リンパ腫完治の事例、そしてこのサイトを参考にして父と同じ免疫力強化を取り入れて末期ガンから完治改善された方々の事例も別ページに掲載しておきますので、私がいろいろと調べた西洋医学の現実や問題点、そして免疫力を高める事の重要性、様々な代替療法などの情報などを併せて読んで頂き、これから末期ガンと闘われる方や現在闘っておられる方の希望や勇気となり、自分に合った正しい治療の方向へ向かう新たな気づきやヒントになればと願っています。
 
※最先端の末期ガン治療に関する研究や治療法に関しても随時追加して行こうと思います。
 
 
 
末期がん完治には免疫力強化が重要
末期ガンとの闘いは患者一人の闘いではなく家族やパートナーとの共同の闘いですので、末期ガン患者を持ったご家族やパートナーは患者本人とどのように接し、どうすれば患者は希望と勇気を持つことが出来るのかや、どのようにして末期ガンの症状を改善させて完治や生還へ導けば良いのかも考えてサポートしてあげる必要があります。
 
「免疫力を一気に高める」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力維持向上」「恐怖や不安などのストレスコントロール」等などの徹底はご家族さまやパートナーの協力や働きかけがあってのことですから、愛情を持ってサポートしてあげることが非常に大切だと思います。
 
 
 
末期がん克服は正しい道を進めば完治もあり得る
「希望と勇気」を持ち、「免疫力を高める」ことを最重要視して突き進んだ結果、余命3か月末期ガンの私の父は通常絶対に必要だと言われていた手術も一切必要とすることなく、わずか4カ月という驚異的な短期間で無事にガン細胞を完全消滅させ、入院から半年で退院を成し遂げました。これを「たまたまの奇跡」だと言われる方もおられますが、私は末期ガンになってしまった父に足りないモノや必要なモノを見つけ出して補うことを中心に行い、理論的にガン細胞が棲み難い身体に戻す努力をしたつもりですので、私の中では「たまたまの奇跡」ではなく「必然的」に起きた出来事なんだと思っています。
 
その奇跡的に見える「必然」へ導くためには、やはり本当に正しい情報が必要です。ガンとの闘いは本当に情報戦だと思います。いかに正しい有益な情報と出会うか、それが大切だと思います。
 
父の闘病時は末期ガン治療に関するインターネットやブログなどの情報はまだまだ少ない時でしたので、情報収集にも限界がありました。現在はその時と比べてホームページやブログという素晴らしい情報源があるので、末期ガンに関連するいろいろな情報も入手し易くなりました。しかし一方で現在は、患者や家族の希望を奪い、絶望させるだけの情報や嘘の情報を掲載している存在意味の全くないサイトも数多く存在し、情報が多すぎて何を信じ選択すべきかが分からなくなる、という状況にもなっています。ブログにもいろいろとあり、とても希望や勇気をいただける素晴らしいブログがある一方で、内容が尻切れトンボになって放置されているブログや内容が極端に薄いブログ、何でも推測だけで否定ばかりする攻撃的な内容のブログなど、ブログは誰でもスマホで気軽に始められるだけに本当に様々なブログがあります。
 
そして西洋医学だけが医学であり医療であると信じて疑わない医師のみならず、ネットは匿名世界という事もあり、医学的知識も末期ガン闘病の経験もないのに、非常に偏った知識や知ったかぶりでコメントしたり、大した根拠もないにも関わらず何でも頭から否定する人たちがネット上には多くいるため、そういう人たちからの間違った意見や情報で、ネットを彷徨えば彷徨うほど何が何だか分からなくなるという現実も大きな問題だと思います。
 
 
 
世の中には何でも本物と偽物がある
ただ、一部の治療法や健康食品には偽物があるのは間違いない事実だと私も思いますし、そういう偽物の治療法や健康食品は淘汰されるべきだと思いますが、だからと言って全ての代替療法や健康食品が偽物だと言い切り、西洋医学だけが正しい医療であると結論付ける意見には違和感を感じてならないです。
 
ある糖尿病医も、代替療法を全面否定するサイトやブログでコメントされていて「こうした記事に接するとき、免疫療法を一方的に詐欺呼ばわりし、断罪する標準治療(西洋医学)推進派の文脈の中にもときどきある種の独善(自文化中心主義)を感じることがあります。私は糖尿病医であり腫瘍学に対しては素人ですが、ガンの自然退縮など、まだまだ不明な点がたくさんあることも事実だと思います。ケリー・ターナーの『ガンが自然に治る生き方』に記述されているような事例を非科学的と真っ向から否定するOncologist(代替療法を全否定する人たち)の姿勢には疑問を感じます。もっと開かれた態度でガン患者やそのご家族と向き合うべきではないでしょうか?解決の唯一の方法は、私たち医療者が「コミュニケーション能力」を磨いていくことにあるとは感じますが、この問題はコミュニケーション能力だけでは克服できない領域を含みます。ガン当事者の生きる世界を理解出来ない医療専門家、代替医療を軽視する科学(oncology)至上主義などです。医療の世界に文化人類学、医療人類学、医療社会学、哲学・倫理などの専門知が必要な理由はまさにここにあるのではないかと思います。」と記されています。凄く真っ当な正しいご意見だと思います。日本では、こういう医師は残念ながらまだまだマイノリティーな存在なんだと思うと悲しい限りです。
 
色々なホームページやブログなどで非常に偏った意見が過激に書かれていて、そのせいで本当は正しい情報を掴みつつあるのに手放してしまったり、逆に全く無意味な情報なのに藁をも掴む心境で冷静さを失って信じて騙されてしまったりと、本物の情報・正しい情報に辿り着くことが大変難しくなっています。何が本物の情報なのか、必要としている情報はどれなのか、それをご自身で取捨選択出来るようになられて、信じれる情報・正しい情報のみを整理して治療に取り入れるようにして下さい。
 
私のサイトでは客観的かつ事実のみを記し、本当に参考にして頂ける内容にすることだけを目指しています。父の末期ガン闘病記以外に「ガンのメカニズム」「免疫システム」「代表的なガンの部位別・臓器別情報(症状/ステージ判断/西洋医学のガン治療方法/生存率/余命)」、そして「現代医療(西洋医学)の実態」や「有効な代替療法(ガンに効くと言われている代替療法や本物の免疫療法)」について私が随時調べて、ガン治療をこれから行うに当たって必要だと思われる情報を、信頼できる国立がんセンターのサイトや書籍などから集め、分かり易く整理して掲載してあるつもりです。 
 
 

 

末期がん克服に必要な情報とは

    • なぜ人は末期ガンや難病になるのか?遺伝?生活習慣?