完治のために末期がん治療を知る~タイトル
完治のために末期がん治療を知る~タイトル

末期癌治療はまず西洋医学を理解する事が大切

末期癌克服への架け橋区切り線

末期癌奇跡の完治h2
末期癌を一人でも多くの方が克服されますように・・・

 

ある日突然「末期癌」が我が家にやって来た・・・ 

  
末期がん克服への懸け橋イメージ

末期癌治療を詳しく知る大切さ

私の父は4年前に定年退職をしていたとは言え、それからもちゃんと健康診断は受けていましたし、若い時から胃腸が弱いことを自覚していたので胃カメラは毎年飲んでいました。勿論、それらの検査で異常は見つかっていない事もあり、周りではチラホラと癌になった人の話を聞いてはいましたが、我が家にだけは癌なんてまだまだやって来ないという、根拠のない自信が我が家にはありました。平和な家族の時間が永遠に続くような錯覚の中で、私たち家族は穏やかに過ごしていました。
 
しかしある日突然、我が家に「癌」がやって来てしまいました。しかも「末期」です・・・。
 
私の父は喉の異常を早くから感じていたにも関わらず、のど飴をなめながら「大したことない」との素人判断で半年以上放置。末期癌症状の痛みや腫れが出始めてから病院へ駆け込んだ時には勿論すでに手遅れの状態で、中咽頭部および舌部は共にステージ4の末期癌。リンパ節への転移も複数あるとの判断で余命3か月。まさに身体の状態は非常に危機的な最悪な状況に陥っていました。当然、大学病院へ即日入院でした。
 
父の場合、抗癌剤をすぐさま開始して全身転移を食い止め、手術で咽頭部と舌を拡大切除し、さらに念のために放射線治療をするという、西洋医学の標準治療のすべてを駆使して行うとの説明が病院からありました。
 
主治医は慣れた様子で淡々と説明されたのでキレイに治す自信があるように我が家は受け取っていましたが、色々と話を聞いてみると「上手く行けば手術出来ますが、全身転移している事が分かった時点で手術や放射線治療は中止し延命治療に切り替えます」「手術で咽頭部を拡大切除すると声帯を失うので、今後二度と話すことは出来ません」「西洋医学の治療メニューすべてが上手く行っても5年生存率は非常に低い」と言われ、どちらにしてもキレイに治すことは最初から無理だと主治医は判断していると分かり、正直とてもガッカリしたのを今でも覚えています。
 
西洋医学は近代医療の最先端であり、大概の病はキレイに治せるものだと信じて疑っていなかっただけに、父の治療において西洋医学の限界を感じたことは相当ショックでした。
 
西洋医学に限界があるのはどうしようもない現実ですが、家族としては手術で父の「声」と「舌」を失うことを避けたい、大きな後遺症が残ることを何とか回避したい、という強い思いが当然ありました。「病院の癌治療だけに頼ると手術は避けられない」という現実が、私たち家族を大きく動かしました。
 
そして私は書籍などを中心に色々と調べて勉強し「舌と声を失いたくなければ、西洋医学の治療だけに頼っていてはダメだ」「病院の癌治療と並行しながら独自に出来る事を取り入れる必要がある」と考え、我が家は独自に一つひとつ出来る事を加えて実践することを決めました。勿論、すべてダメ元です。
 
父の癌細胞を叩くのに何が必要なのか、それは医学素人の我が家には最初よく分かりませんでした。
 
しかし幸いにも当時私の親友が米国UCLA(カリフォルニア州立大学)医学部へ留学していたので、癌治療の基本を分かり易く教えてもらったり、アメリカでの最新癌治療の情報を教えてもらったりしました。そして、癌関係の書籍をとにかく読みまくって短期間で勉強をしました。
 
そのお陰で西洋医学の限界と問題点を知る事が出来たり、父が健康体へ戻るために何が足りないのかや何と何を組み合わせるべきなのかとかをある程度判断できるようになりました。
 
また、突然癌と宣告されて普通はがん専門用語や医療用語、検査機器の名前や血液検査項目などもよく分からないものですが、いろいろと勉強していたお陰で主治医や看護師から言われる事が理解できるようになり、癌治療を適切に判断しながら進められるようになりました。
 
そういう経験から、当時私が色々と調べたり勉強した内容で役立った西洋医学に関する正しい情報をこのサイトに纏めました。当時よりもいろいろと進んでいる内容もありますので、そういう部分は適宜最新情報へ更新してあります。
 
私の父は結果的に西洋医学の抗癌剤治療を受けながら、私が父に必要だと思うものを組み合わせて病院治療を進めて、入院から僅か4ヶ月後には舌がんも中咽頭癌もキレイに消滅し、手術の必要なく半年の入院だけで退院しました。5年生存率が限りなくゼロに近いと言われていながら、5年経過も再発や転移など全くなく完治をしています。
 
私の父や私たち家族の経験が皆さんの闘病のお役に立つかどうかは分かりませんが、末期癌だった父が短期間に克服出来た実体験をもとに、希望や勇気、そして末期癌克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期癌と闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願うばかりです。