完治のために末期がん治療を知る~タイトル
完治のために末期がん治療を知る~タイトル

末期ガン治療のチーム医療を理解する

 
末期癌克服への架け橋区切り線
  
末期がん治療はチーム医療イメージ

末期癌治療はチーム医療

 
 

■治療法の決定を補佐する医療専門家

 

医療専門家が各分野のデータを医師と共有

 
治療に携わるメディカルスタッフの中には、次のような聞きなじみのない名前の専門家がたくさんいます。それらの医療従事者を含めた「チーム医療」で、ガン患者一人ひとりに対する治療は行われていきます。また、手術にも多くのスタッフが動員されます。
 
臨床検査技師
 手術前に血液や尿、便などから細菌やウイルスを調べ、病気の原因を探す。脳波検査や心電図検査、心音図検査など体の内部からのデータをとる生理学的検査を行う。
 
細胞検査士
 ガン細胞をいち早く探し、ガンの早期発見、早期診断を目的にしている専門家。細胞診の写真を患者に見せながら説明することもある。
 
診療放射線技師
 検査や治療でX線やその他の高エネルギー放射線(CT、MRI検査など)を照射するスペシャリスト。治療面での活躍も大きい。
 
認定遺伝カウンセラー
 手術前に患者の遺伝子を調べて、病気の原因を詳細に研究。医師とスタッフはそれを元に治療法を確定していく。
 
 


 

手術に立ち会う主な専門スタッフ

 
外科医
 手術の執刀医。このほかに、補助する外科医が2~3人いることもある。
 
麻酔科医
 麻酔の導入、手術中の患者の体調変化を管理しチェックする。
 
器械出し看護師
 手術に必要な器械や道具を外科医に渡したり、準備をする。
 
外回り看護師
 手術に必要な物品の準備、麻酔科医の補助、手術のサポーター。
 
臨床工学技士
 手術で使用する麻酔器やX線装置などの保守点検を行う。
 
器械保守業者
 手術に使用する器械の保守点検や、使い方の助言をする。
 
 

 
実際に治療が始まったら、診察や治療で接する窓口は主に主治医(担当医)になりますが、治療にあたる医療従事者たちにはそれぞれに専門分野があります。
 
たとえば、医師といっても、実際に手術を行う外科医、手術の際に麻酔を扱う麻酔科医、病変部などの組織を調べる病理医などのほか、抗がん剤などの薬物療法を担当する腫瘍内科医、放射線療法を行う放射線科医などもいます。
 
また、看護師の場合にも、入院中に対応してくれる病棟看護師や、手術の際に医師の手伝いをする手術室看護師など、さまざまな役割分担があります。
 
複雑で高度な医療が求められるガンの治療では、特に専門性を持った医療従事者たちの連携による「チーム医療」が欠かせません。患者はその中心にいて、チーム医療の一員であるとも言えます。
 
つまり、ガンはひとりで闘うものではなく、チーム戦と言えます。

 
  
 
ガン専門スペシャリストイメージ

 

■スペシャリストがガンを治すために一丸となる

 

がん患者一人ひとりを各分野のメディカルスタッフがサポート

 
主治医
 診察や検査結果により、治療方針を決定。
 
病理医
 病理診断を行う緑の下の力持ち。細胞などから病気を精緻に診断する。
 
腫瘍内科医(化学療法医)
 ガン薬物療法の専門家。
 
放射線診断医・治療医/診療放射線技師